警報発令時の対応について


 『気象警報』及び『特別警報』等発令時の処置について

(平成25年度改正)

高田中学校

気象警報発令の心配のある場合は、ラジオやテレビに注意し、その状況の把握に努めて下さい。もし、養老町内に『気象警報』や『特別警報』が発令された場合は、学校では下記のような処置をとります。

 

(1)朝、登校する前に警報が発令されている場合(学校より連絡しない)

     *警報が解除されるまで、家庭で待機する。

 

(2)警報が解除になった場合(学校より連絡しない)

     *午前6時までに解除された場合→平常通り

      *午前9時までに解除された場合解除後2時間を経てから授業開始

                   給食あり(完全または簡易給食)

     *午前11時までに解除された場合午後1時までに登校。給食なし

   *午前11時以降に解除された場合は、休業とする。 

   *ただし、午前11時までに解除された場合において、道路、橋の損壊などで危険な場合、交通機関の停止、自家の被害が著しい場合には登校に及ばない。この場合は学校に連絡すること。

    大雨警報・洪水警報・大雪警報については、校区内の安全が確保されれば授業を行う場合がある。その場合には、安心すぐメール等を使い、家庭へ確実に連絡を行う。 

 

(3)生徒が登校してから警報が発令された場合

   *特別警報、気象警報の発表後、警報の解除を待ち、気象情報・交通機関の状況・道路の状況等を判断して、危険がなくなるまで学校に待機させ、状況が収まってから保護者への引き渡しを原則とする。ただし、大雨警報・洪水警報・大雪警報については、気象状況・交通機関の状況・道路状況等を判断して、下校させる場合がある。その場合には、安心すぐメール等を使い、家庭へ確実に連絡を行う。なお、メールや電話が使用できないときは、生徒を学校に待機させる。

 

(4)その他

   *登校時に落雷の危険がある場合は、一時登校を見合わせる処置をしてもらう。下校時に落雷の危険がある場合は、校長が判断し学校に一時待機させ、雷が通過した後、下校させる。

 

なお、警報等の解除後、近くの河川及び通学路について、生徒が通行する際、支障がある場合は、学校にご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 

【特別警報とは…】

 警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかける。

 現象の種類としては、気象等に関するものには「大雨」「暴風」「高潮」「波浪」「暴風雪」。

その他には「大雪」「津波」「火山噴火」「地震」がある。